mo+tamagoについて

このブログは、える日和の別館としての位置づけです。メインはえる日和ですが、私が気になったモノや興味のあるモノをこちらではメモがてら紹介していきます。物欲の塊のようなブログです。
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Category
Archives
Shopping

フルーツショッピング「ベストセレクション」
teitter
現在のワタシの状況です
Recommend
MIXIXIM 3rd EDITION
MIXIXIM 3rd EDITION (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Central Avenue,Bubble of Everyday,UP”S↑,Pica,桜ふみ,Sister Ape,NOB,如月柊一,Ken,ヒロシ_ヤジマ
Recommend
ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?
ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ? (JUGEMレビュー »)
井口 稔, Su‐Jine
コチラのブログがこの本に掲載されています!!
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
取り急ぎViviCam5050
何枚か写真を撮影してきたので、さっそく掲せてみます。





 う〜〜〜ん、ムダにお洒落。お洒落感漂ってる!! 撮影の腕とか関係ねーのですよ。Vividモードにして、撮影するだけでここまでなんだから、使い方次第では面白い写真も撮れるんじゃないかなあー。

 しかし、やっぱり驚くべきはその色味ですよ。元々鮮やかなモノを撮影すると、ぎょっとする絵になっちゃいます。





 これはやりすぎじゃないかい、ViviCamたん。鮮やか過ぎてハレーション起こしちゃってる!! ……。だ。………。だが。そ、そこがイイ!! 試しにフツーに撮影したモノとVividで撮影したものを並べてみましょう。



通常モードで撮影



Vividで撮影

 葉っぱあたりに違いが見て取れるよねー。

 というわけで、取り急ぎ撮影画像でした。



 って、ああああ! どうしても言いたいコトがあったんだった! このカメラで気をつけて欲しいこと!!!! これはねー、盲点だからやっちゃう人多いはず。気をつけて、気をつけて。


 MiniSDカードは危険!!


 使えます、使えますよ。ちゃーんと使えるのです。しかし、ViviCamのSDカード挿入口、取り出しにくいの。一回カッチンと押して、それを引き抜く感じになるんです。が。引き抜く時にアダプターを残してminiSDだけ出てきちゃうの。そんで、アダプターが取れなくなるの!

 いきなり壊したかと思いました。抜けないアダプターは、ペンチで挟んで無理矢理取り出しました。家にあまっているminiSDを使っちゃおう〜♪という人は多いと思うのですが、これには注意してください。イマドキ、普通のSDだって安いんだからViviCam専用に買っちゃえばいいんじゃないかなあ?





上海問屋セレクト SDカード 2GB


 2Gが600円切ってるんだYO!! 上海問屋にはいつもながら驚かされっぱなし。…ああ、私も買って来よう。気軽に買えるよね、この値段。
posted by: まい | カメラ | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
Vivicam5050 ファーストインプレッション
 連日Vivicam5050です。昨日、記事を書いた時点ではまだ売ってたんですけどねー。今は楽天のギズモショップでも売切れている模様。この売れ行きは凄い!

 さて、そんなVivicamのファーストインプレッション! まずはカメラのサイズを他のトイデジカメと比較してみたYO!!



左:Xiaostyle 中奥:Vivicam5050 右:VQ1005



 こうやって並べてみると、他の2つより明らかに大きい。どこかのサイトに「名刺サイズ」と書かれていましたが、名刺サイズってのは言いすぎ。じゃあ、比較対象置いてどのぐらいのサイズだか撮影してみた。




下からVQ1005、Xiaostyle、Vivicam5050…そしてボックスサイズのタバコ


 ここで意外な事に気づいちゃったり! そうなのよー。小さいと思っていたVQが一番厚みがあるのー。Xiaostyleは長いけど薄いー。で、で、で、Vivicamは…うっそ〜! 面白いぐらいタバコサイズ! ちょっと並べてみましょうか。




 わはははは。タバコ。ほぼタバコサイズ。この写真だと膨張色のVivicamの方が大きく見えるので、重ねてみたらば、アナタ! スッポリですよ。スッポリ。ジャストサイズ。これはタバコ以外のナニモノでもない。あ、カメラですよ。カメラだけども、サイズが!



 これは素敵な事実だと思うの。なにがってケースですよ。Vivicamには一応、合皮っぽいケースがついてたんだけれど、とてつもなくダサいのです。えとねえ、黒いポケベルのケース。アレに似てる。昔あったじゃん。年齢バレてもいい、だってそっくりなんだもん。

 それが、タバコと同じサイズだと分かれば、色んなケースが選べるじゃない! カメラケースだけじゃなく、タバコケースの選択肢が増えるのよ! タバコケースっていい感じのデザインが多いから、夢が膨らみんぐ!


 さて、この記事には外見のサイズばっかり書いちゃってますが、肝心の撮影画像はどうなんだと。言いたい気持ちは分かります。が、それはまた後日! とりあえず言えることは、Xiaostyleの弱点「食べ物写真が超不味そうに見える」…これが無い! それだけでも優れてるんじゃないかと!



 美味しそうかっつったら、なーんかこう、食べ物には見えないんだけど。まあいい。じゅうぶんじゅうぶん。
posted by: まい | カメラ | 21:18 | comments(9) | trackbacks(0) |
Vivicam5050が届いた!
 Xiaostyle・VQ1005ときた私のトイデジカメ熱。このデジカメを見て再燃しちゃった。Vivicam5050!!





何が凄いって作例ですよ。ビビッドモードがビビッドすぎる!






 ギズモショップhttp://www.gizmoshop.jp/ )で取り扱っているのですが、欲しい時にはいつも売り切れ。しかーし、しかーし。ひたすらチェックを続けていた甲斐があり、ようやっとGETしました!





 箱から既に可愛い! さすが海外のカメラ〜! ギズモショップで買ったので、独自の日本語説明書付! うーん、親切。



 サイズは手のひらぐらい。そうだなあ、タバコの箱の厚みが無い感じ。Xiaostyleを手に入れて小ささにびっくりしたような、そんな感じは無いです。フツーに小さい。持ち歩きやすそうなサイズです。

 何がいいってこれ、単4乾電池。乾電池デジカメLOVEなので、それだけでも買いなのよ、私にとっては! そんでもってSDカード対応。液晶も大きいです。液晶の無いVQ1005とか、液晶のショボいXiaostyleより、そこんとこでリード!

 しかし、機能はトイデジカメ。オートフォーカスは無いです。マクロと広角の切り替えスイッチで設定すんの。そんなちゃちなカメラだってのに、パソコンに繋いだらPCカメラとして使えたり、ボイスレコーダーがついてたり。Vivicamさんがどこを目指しているのか、いまいち分かりません!!

 いやー、いい買い物をしました。ギズモショップではすぐに売り切れちゃったけど。うん、売り切れ。ショップでは売り切れ。でもねー、でもねー!

 楽天のギズモショップだと、まだ、白が買えますよ!!

楽天 ギズモショップ ビビッドモードが面白い!! Vivitar ViviCam 5050


 入荷は定期的にあるので、あせって買うことも無いとは思うの。でもね、あせって手に入れたくなっちゃう可愛さですよ。

 Vivicamで写真を撮ったら、また、このブログで紹介しようと思います。XiaostyleやVQ1005と比較してお伝えできたらいいなーと! いつになるかは分かりませんが、お楽しみに。いひひひ。お楽しみにって言いつつ、私がいちばん楽しみだ〜!
posted by: まい | カメラ | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
カードリーダーを持ち歩く!!
 パソコン本体についているカードリーダーの調子が、どうも悪い。認識されたりされなかったりと気まぐれもいいところで、調子がいい日は何の問題も無いんだけど、今日はダメでした。しかし最近、Xiaostyleのおかげで、SDメモリーカード大活躍なので、読みこんでくれないのがどうも歯がゆくて。

買っちゃいました。アイ・オー・データ USB2.0/1.1対応 シングルスロットリーダー・ライター [USB2-SD]を。

リーダーライター 閉

 写真を見て分かるかなあ。便利なんだよ〜!外付けのリーダーって色々あるけれど、大きかったりして持ち歩くモンじゃないじゃない。だけどね、コレは確実に持ち歩くもの。だって、サイズはね、手持ちのUSBフラッシュメモリと変わんないんだよ! 小っちゃ!!

 これなら、家には(一応)リーダーはあるけれど、もうひとつ欲しいってのに最適。何がいいって、対応メディアがSDメモリーカード・miniSDカード・マルチメディアカード・RS-MMC・microSD(Trans Flash)…そう、現在一般的に携帯電話の外部メモリーとして広く使われているminiSDも、今期からminiSDに変わってDoCoMoの携帯電話で使われ始めたmicroSDも読み込んでくれちゃうのです。アダプターなしで。そのまま直に挿せば!!

リーダーライター 開

 キャップ開けたら、USBの差込口が出現します。これをUSBポートに差し込めば、USB対応パソコンならたいてい認識しちゃうの。っつうことは、海外旅行先で、携帯のメモリーカードいっぱいに写真撮っちゃったとか言うときにも便利だと思うよ? ネットカフェとかではUSBは使えるからね!私なんか特に、実家に1ヶ月単位で帰省しちゃったりすんので、その場合にも便利。頻繁に取り込んでおいて、オンラインストレージやレンタルフォトアルバムに退避させておけばいいんだから!! フラッシュメモリに取り込んでもいいし!!

 便利と思うのは私だけでは無いようで、どうやらAmazonでは現在(2006.11.1)売り切れ中。マーケットプレイスでしか扱いが無いみたい。



 楽天では、数点の扱いがありました。中でも「E楽 モバイル別館 楽天市場店」は、送料が安くカード決済も使えるようでオススメです。この商品のレビュー(評価)はまだ無かったのですが、店舗で売っている他の商品のレビューを見ると、対応もちゃんとしているみたい。




E楽 モバイル別館 楽天市場店 シングルスロットリーダー・ライター


続きを読む >>
posted by: まい | カメラ | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xiaostyle×Golla(ケース)
 『Xiaostyleに便利なグッズ』のエントリーでも書きましたし、他のブログ(ブログを何個持ってんだって話ですが)Voxにも『Golla×Xiaostyle』という記事を書いたのですが、皆さん、やっぱりXiaoのケースには色々悩んでいるようですね。そうだよねえ、普通、デジカメだったらそれぞれの機種別に色んなケースが出てたりするもんねえ。

 私がGollaをやたらとススメている理由は、自分の使い方にぴったりだからなのですが、どうピッタリなのか、文章じゃ伝わらないようなので、ちょっと写真を載せてみますね。



 買ったのはコレです。それをどんな風に使っているか。Xiaostyleとサイズが合ってるのか。確認してみてくださいな。まずは分かりづらいかもしれないけれど、首かけスタイル。モデルはウチのママンです。

Gollaをしてみる

 ね、首からかけるのにぴったりでしょ? 紐の長さは調節できるのでカラダに合わせてもらえば大丈夫。体のデカい私はめいっぱい、の、のば、のばしてます、うう、デカい言うな。それでもたまに「長すぎかな?」って思うこともあり。

 そんじゃ、もちょっとXiaoに寄った写真も掲載してみます。

サイズ比べ

 ケースとXiaoのサイズ比べ。ほら。ひとまわり大きいぐらいでしょ。スポッと入ってスルッと出せる、そんなサイズになっています。紐の端っこには長さを調節する器具(なんていうのかわかんないけども)がついています。


カラビナ部分拡大


 カラビナ部分を拡大撮影。ここに直接Xioa純正のストラップをつけることも出来ますが、私は、よくキーホルダーなんかについている、あのリング状のモノをつけています。これなら、首からはずして撮影したい時にも楽なんです。外しやすい。ココにXiaoがつけられること、これが私のケース選びの条件でした。撮影の時に落としちゃうのが怖いのね、粗忽モノだから。ちなみにこのカラビナはGollaのモノじゃなかったりします。最初からついてたカラビナは、バネが緩んでいたので付け替えちゃったの。ハンズの金物コーナーで100円台で買った同じサイズのカラビナです。こっちのが頑丈でいい感じだと、自分自身ではご満悦。


XiaoをGollaに収める


 次はXiaoをケースに収めてみました。ほらー、ね、どこも出てない。丁度イイでしょ? Xiao用に作ったと思えるぐらいのサイズ!! 初めて使ったときには驚きましたよ。コレを選んで正解だった! と。あ、それでもサイズが不安だという方は、ハンズやソニプラに展示している場合があるので、不審者に思われない程度に試してみると良いかと。

 最後の写真はカバンにつけたGollaです。


カバンにさげる


 そう、紐の部分が取り外せるため、外出時、首からさげんのはちょっとなぁって場合にも、こんな風に持ち運べるのです。カバンに下げなくても、傷を気にせずカバンの中に入れちゃえるので、これまた楽なんですよね。
続きを読む >>
posted by: まい | カメラ | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |